フラミンゴ画像

*

事業承継

親族承継

第三者承継

お問合せはこちら

第三者への事業承継支援 中小企業のためのM&A企画

M&Aイメージ

今、事業再編のうねりは、中小企業の経営環境をさらに厳しいものにしています。

長引く景気低迷の中、もはや中小企業経営は従来の延長線にその姿を描き続けることは出来なくなりました。

これまで、独自の力を発揮して、想像力豊かなアイデアと技術力を活かしながら、ひたむきな経営努力を積み重ねて、成長を続けてこられた中小企業の経営者の多くの方は、今後の進むべき方向について、かつて経験したことのない大きな不安を抱いているのではないでしょうか。

この様な環境変化の激しい時代における、経営生き残り戦略の一つとして、人・もの・金・情報の経営不足資源を 他社からの早期取得によって解決していこうとする動きが盛んに行われています。

反面、厳しい環境の中で、「経営再建資金捻出のために、事業の一部を譲渡したい」「後継者がいないため、事業譲渡を行い、今まで築き上げてきた事業の承継と、一緒に働いてきた従業員の雇用継続を図りたい」など、M&Aの積極的な活用を考えている経営者の方も多くなってきています。

今や、M&Aは、企業の「存続」と「発展」をはかるための、戦略的手段として考えられる時代になりました。貴方の企業でも、新しい時代の活路を、この様なM&Aによって拓いていこうとするお考えはありませんか。

有限会社 ナクルは、その様な経営者のために役立ちたく、中小企業のためのM&A企画会社としての活動を始めました。

M&Aは、会社と会社の縁組みとも言えます。

成約するか、しないか、また成約してもどのくらいの時間がかかるのかは、事例により異なりますが、買い手側であっても、売り手側であっても、なるべく早めの決断が望まれます。

弊社のM&Aの手数料は成功報酬です。(ただし、交渉準備段階で発生する弁護士、会計士などに対する費用は別途お支払いいただきます。)

また、初回の相談・説明は無料。秘密は厳守いたしますので、ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

M&Aとは

Merger and Acquisition(合併及び買収)のことです。広義には戦略的な提携をも含んで解釈されます。
大企業同士の大型M&Aが、毎日の様にマスコミで報道されていますが、そのほかにも合併、買収、営業譲渡、資本 参加などのM&Aは、中小企業も含めてますます増加する一方です。

M&Aの目的としては、

  • 不足経営資源の保管
  • 企業間競争力の強化
  • 国際化への対応
  • 事業内容の再編成
  • 資金調達
  • 事業承継、後継者対策、従業員雇用継続対策

などが上げられますが、

これからは、特に、後継者対策に悩む中小企業の経営者にとって、このM&A が事業承継のための1つの解決策とし ても、有効な手段になってきます。
(中小企業における事業承継は、特に人的資源の確保が重視されるため、経営者と一緒になって、苦労をし、働い てきた、頼れる従業員に対する雇用維持の可能性が高くなります。)

売り手側であっても、買い手側であっても、早めの決断が望まれます。
お互いに、期待される条件の相手方が、見つかるとは限りません。
また、うまく相手方が見つかっても、必ずしもM&Aが成立するとは限りません。時間とタイミングを見逃さない様 、早めの対応が大切です。